土地を購入して、注文建築で建てる場合の住宅ローンお手続き

 土地を先に購入して、その後、注文建築で家を建てる場合の住宅ローンの
手続きは結構、大変です。


何が大変って、土地の住宅ローンと一緒に建物住宅ローンの承認もとる必要が
あるので、土地を決める段階で、


・家を建てるハウスメーカー、工務店を決めておく必要がある。

そして

・土地の住宅ローン契約(土地売買契約の約2〜3週間後)までには、建築請負契約書を
提出する必要がある。

 

土地を現金で購入する場合は、関係ありませんが、

土地も建物も住宅ローンを利用する場合は、「これだっ!」という土地が出た段階で
かなりのスピードで建物打ち合わせをつめる必要があります。


いや、でも、とりあえず土地だけ契約しよう。ということで進めることはできますが、
そうなると土地契約後に、ローン承認取得の期限があるので
建物のことをゆっくり考える時間はなくなってしまいます。


これは、フラット35でも、メガバンクの住宅ローンでも同じです。


では、どうすればスマートに進められるのか??


土地探しと同時にハウスメーカー、工務店選びを進めてください。

そして、とりあえず適当な土地を選んで、自分達の希望の建物プランと概算見積りを
作ってもらってください。

それを手元において、この土地にはこのプランが入るだろうか、土地、建物を合わせて
だいたいどのくらいの金額になるだろか、などいろいろ検討しながら土地を探して
みてください。

建物のだいたいのイメージと予算が出来ている状態だと、運命の土地が出てきた
ときも、素早く対応できます。


ほんとは、銀行がもう少し猶予をくれると助かるのですが。。。






東村山市・東久留米市・小平市のマイホーム/不動産の事なら久米川のかえる不動産にお任せ下さい。地域密着だからこその情報力対応力に自信があります。

東村山市・東久留米市・小平市のマイホーム/不動産の事なら久米川のかえる不動産にお任せ下さい。地域密着だからこその情報力対応力に自信があります。
 >> https://1kaeru.com/
Yahoo!ブックマークに登録 | 1kaeru | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) |

諸経費ローン


物件を購入する際には、物件価格の10%程度、諸経費が必要になります。

例えば3000万円の一戸建だと、約250万円〜270万円くらいになります。

この諸経費を住宅ローンの一部として借り入れをする場合の審査基準のハードルが上がって
います。

今、同時に4件ほど事前審査のお手伝いをさせていただいておりますが、

全ての案件で、諸経費まで借入をすると金利優遇等が大幅に縮小されてしまい、

結果、月々の返済額が上がってしまうということになっています。

でも、この諸経費は自己資金を充当し、物件価格のみの住宅ローンの場合は、

かなりお得な金利優遇があります。

銀行も口に出しては言いませんが、できれば諸経費分は貸したくないというのが

本音だと思います。ある銀行は諸経費の部分の金利は、通常の3倍近くに設定を
しています。


かと言って、消費者金融や、カードローンを使って、自己資金を用意しようとすると、

今度は住宅ローンの審査に通らなくなってしまいます。

私が言うのも何ですが、

一番良いのは、金利も低く、審査もない、親御さんに借りることかもしれません

 

東村山市・東久留米市・小平市のマイホーム/不動産の事なら久米川のかえる不動産にお任せ下さい。地域密着だからこその情報力対応力に自信があります。

 

東村山市・東久留米市・小平市のマイホーム/不動産の事なら久米川のかえる不動産にお任せ下さい。地域密着だからこその情報力対応力に自信があります。
 >> https://1kaeru.com/
Yahoo!ブックマークに登録 | 1kaeru | 18:25 | comments(0) | trackbacks(0) |

サイト内検索

東村山東久留米小平のかえる不動産

最新の記事

記事のカテゴリー

コメント

トラックバック

過去の記事(月別)

RSS表示パーツ

リンク

携帯版サイト

qrcode

情報配信

その他

<<back|<313233343536
▲ このページの先頭へ戻る