住宅購入時の水害リスク説明義務化について

Entry: main  << >>

やっと義務化になったか、、という感じです。

 

なんの事かいうと、下記のニュースです。

 

住宅購入時の水害リスク説明義務化について

https://news.yahoo.co.jp/articles/b313f76ea99364ff7dd29c9f33c1d83842346b4c

 

水害リスクについては、行政が出しているハザードマップで確認することができますが、これは家を探している人は既に活用している方も多いですよね。

 

私も随分前からチェックして、お客さんにもお伝えしていました。

 

 

今回の義務化は、物件の重要事項説明時に説明することを義務化していますが、重要事項説明って、一般的な不動産取引では、どの段階で説明するか知っていますか?

 

 

物件を契約する直前ですよ。。

 

 

これじゃ、遅いですよね。

 

物件を見に行ったときなどは、業者が教えてくない場合もあるかもしれませんから、自分で最低限ハザードマップは確認した方が良いと思います。

 

 

あと、ハザードマップの浸水想定エリアに入っていない、イコール安心ではないですよ。

 

 

川から離れていても、土地が相対的に低い位置にある場合などは、水がどうしても集まってくるので、下水が溢れたり、道路が冠水したり、いわゆる内水氾濫のリスクもあります。

 

 

あとは、昔からそのエリアに住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんは、今はあまり出ないけど、昔はよく水が出たなんていう場所を知ってたりしますよね。

 

 

どこまで調べられるかということはありますが、毎年、雨量が増えていますから、可能限り情報収集をして、もしそういう場所に家を買う場合でも、そのつもりで覚悟や準備をする必要がありそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


東村山市・東久留米市・小平市のマイホーム/不動産の事なら久米川のかえる不動産にお任せ下さい。地域密着だからこその情報力対応力に自信があります。
 >> https://1kaeru.com/
Yahoo!ブックマークに登録 | 1kaeru | 18:49 | comments(0) | - |
Comment








サイト内検索

東村山東久留米小平のかえる不動産

最新の記事

記事のカテゴリー

コメント

トラックバック

過去の記事(月別)

RSS表示パーツ

リンク

携帯版サイト

qrcode

情報配信

その他

▲ このページの先頭へ戻る