ある不動産会社にて

Entry: main  << >>

先日、物件の鍵を借りにある不動産会社へ行った時のことです。

テーブルで営業マンとお客さん夫婦が向き合って商談をしていました。



営業マン「あの物件はとても人気がありまして、この数日で売れてしまう可能性が高いです。
     ですので、もう入申し込みだけでもされておいた方がいいです。」


お客さん「・・・・・・・・・・」


営業マン「お客様はあの物件を気に入っているように見えますので、是非、ご決断を頂いた方がよいです。」


お客さん「賃貸を決めるのとはわけが違いますからね。。家族とも相談しながらもう少しゆっくり考えたいです。」



営業マン「でも、売れてしまったら残念ですよね。購入申込だけでもされませんか」



お客さん「いやいや、即決はできません。もし、検討をしている間に売れてしまったらそれはそれで仕方がないと思います。とにかく今日、この場で即決はできないです。」


営業マン「そうですか、決断時だとおもいますけどね。」




是非、ご家族でゆっくり考えてもらいたいですね。

そして、それでもやはりあの物件にしようとなったら、その時が決断時だと思います。


このことを家に帰ってから私の妻に話すと、

「そのお客さんは、その会社にはもう連絡しないかもね。
 だって、連絡すれば、早く決断しろと言われるでしょ」


なるほど。

決断をするにあたり聞きたいことや相談したいことがあっても、このような感じだと連絡しにくいですよね。


「購入申込みだけでも」

ということが出てきましたが、


購入申込は、

「購入したいという意思表示をあらわすものです」

つまり、契約をすることが前提です。

決断してもいないのに、とりあえず購入申込をするのはやめた方がいいです。



短い時間でしたが、貴重な場を見せてもらいました(^^;















 

東村山市・東久留米市・小平市のマイホーム/不動産の事なら久米川のかえる不動産にお任せ下さい。地域密着だからこその情報力対応力に自信があります。
 >> https://1kaeru.com/
Yahoo!ブックマークに登録 | 1kaeru | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

サイト内検索

東村山東久留米小平のかえる不動産

最新の記事

記事のカテゴリー

コメント

トラックバック

過去の記事(月別)

RSS表示パーツ

リンク

携帯版サイト

qrcode

情報配信

その他

▲ このページの先頭へ戻る