オール電化住宅。実は災害に強い??



 大地震以降、電力不足等もあり、オール電化住宅の人気は低下していました。


でも、よく考えてみるとオール電化は災害に強いのではないのでしょうか??


というのも、オール電化でない、一般的な電気、ガス併用住宅でも停電すると
ガス給湯器は電気で動いているので止まります。
唯一使えるのは、乾電池で制御されているガスコンロです。

ですが、地震の直撃を受けた東北地方では、ガスが止まり復旧までかなりの時間が
かかりました。
これに対して、電気は復旧が早かったです。

さらにオール電化の場合は、緊急時に大量の水を確保できる
というメリットがあります。

といのも、オール電化の場合電気温水器でお湯を作る際は、1回で約300〜500
リットルほどタンクに貯められます。
このお湯を災害時にはタンクから手動で取り出すことができます。

また、オール電化住宅の電気温水器は、料金が安い深夜電力でお湯をためる
ので、電力が不足している現在は、さらに有効な設備となっています。

 

 

東村山市・東久留米市・小平市のマイホーム/不動産の事なら久米川のかえる不動産にお任せ下さい。地域密着だからこその情報力対応力に自信があります。
 >> https://1kaeru.com/
Yahoo!ブックマークに登録 | 1kaeru | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0) |

サイト内検索

東村山東久留米小平のかえる不動産

最新の記事

記事のカテゴリー

コメント

トラックバック

過去の記事(月別)

RSS表示パーツ

リンク

携帯版サイト

qrcode

情報配信

その他

1
▲ このページの先頭へ戻る